• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょほう‐かんさ〔シヨハウ‐〕【処方監査】 の意味

  1. 医師が処方した薬剤が適切かどうか、薬剤師処方箋を確認すること。薬剤師法第24条に「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」と規定されている。→疑義照会
  1. [補説]薬剤師は調剤や薬剤の提供を行う場合、処方監査として、処方箋の記載事項(患者の氏名・性別・年齢・医薬品名・剤形・用法・用量・投与期間など)や、患者情報・薬歴に基づく処方内容(重複投与・投与禁忌・相互作用・アレルギー・副作用など)の確認を行うことが求められている。