• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

にしきょう〔にしキヤウ〕【西京】 の意味

  1. 京都市南西部の区名。昭和51年(1976)右京区のうち桂川以西を分離して成立。

にしきょう〔にしキヤウ〕【西京】の慣用句

  1. にしきょうく【西京区】
  • にしきょう〔にしキヤウ〕【西京】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼女はまたよくそれを覚えていて、新七のにするつもりでわざわざ西京まで染めにやった羽織の裏の模様や、一度も手を通さず仕舞に焼いてしまったお富の長襦袢の袖までも、ありありと眼に見ることが出来た。

      島崎藤村「食堂」

    • ・・・ 姉らしい憂いに満ちた優しい気持で、私は先に欲しがって居てやらなかった西京人形と小さな玩具を胸とも思われる所に置いた。

      宮本百合子「悲しめる心」

    • ・・・ それにつられた様に京子は西京へ行った時の話を丁寧に話した。

      宮本百合子「千世子(三)」