• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひ‐ばく【飛×瀑】 の意味

  1. 高い所から落ちる滝。 夏》
  • ひ‐ばく【飛×瀑】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ドストエフスキーを読んで落雷に出会ったような心地のした私は更に二葉亭に接して千丈の飛瀑に打たれたような感があった。

      内田魯庵「二葉亭余談」

    • あの時は飛瀑の音、われを動かすことわが情のごとく、巌や山や幽なる森林や、その色彩形容みなあの時においてわれを刺激すること食欲のごときものありたり。

      国木田独歩「小春」

    • ・・・煤煙にとざされた大都市の空に銀河は見えない代わりに、地上には金色の光の飛瀑が空中に倒懸していた。

      寺田寅彦「試験管」