• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かき【×掻き】 の意味

  1. [接頭]動詞に付いて、意味を強めたり語調を整えたりする。「掻き曇る」「掻き消す」
  • かき【×掻き】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ラップは頭の皿を掻きながら、正直にこう返事をしました。

      芥川竜之介「河童」

    • ・・・彼女はそれでも気をとめずに、水々しい鬢を掻き上げていた。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・その娘は何でも目に見えるものを皆優しい両手で掻き抱き、自分の胸に押しつけたいと思うような気分で、まず晴れ渡った空を仰いで見て、桜の木の赤味を帯びた枝の方を見て、それから庭の草の上に寝ころんで顔を熱く照らす日に向けて居た。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」