• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしはらのちいおあき‐の‐みずほのくに〔あしはらのちいほあき‐みづほのくに〕【葦原の千五百秋の瑞穂の国】

  1. 日本の国の美称。穀物がいつも豊かにみのる国の意。
    • 「―は、是、吾が子孫 (うみのこ) の王 (きみ) たるべき地 (くに) なり」〈神代紀・下〉

「あしはらのちいおあき‐の‐みずほのくに〔あしはらのちいほあき‐みづほのくに〕【葦原の千五百秋の瑞穂の国】」の前の言葉

「あしはらのちいおあき‐の‐みずほのくに〔あしはらのちいほあき‐みづほのくに〕【葦原の千五百秋の瑞穂の国】」の後の言葉