• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あづち【安土】 の意味

  1. 滋賀県近江八幡市東部の地名。旧安土町は平成22年(2010)に同市と合併。安土城跡がある。

あづち【安土】の慣用句

  1. あづちしゅうろん【安土宗論】
    • 天正7年(1579)5月、織田信長の命によって安土城下浄厳院で行われた浄土宗日蓮宗の宗論。浄土宗側の勝ちとされ、日蓮宗側は詫び証文を出し、厳しく処罰された。日蓮宗を弾圧するためのものとされる。
  1. あづちじょう【安土城】
    • 安土織田信長が築いた城。天正4年(1576)に着工。天守閣を中心とする本格的な近世の城の最初のもの。天正10年(1582)、本能寺の変ののち焼失。
  1. あづちももやまじだい【安土桃山時代】
    • 織田信長がはじめて入京した永禄11年(1568)から、また一説に天正元年(1573)から、徳川家康関ヶ原の戦いに勝った慶長5年(1600)までの約30年間。美術史上でも一時代を成す。織豊(しょくほう)時代。→桃山文化