あと‐くされ【後腐れ】

  1. 《「あとぐされ」とも》物事がすんだあとでもすっきりと解決せず、問題があとを引くこと。また、その事柄。「―のないようにする」