した‐て【下手】

  1. 《「したで」とも》
  1. 位置・方向が下のほう。特に、風下・川下などをいう。しもて。⇔上手 (うわて) 
  1. 相手より地位や能力が下であること。また、その地位など。
  1. へりくだること。⇔上手 (うわて) 
    • 「男は言葉を柔げて―に頼むように」〈魯庵・社会百面相〉
  1. 相撲で、組み合ったときに差し手で相手のまわしを取ること。また、その手。⇔上手 (うわて) 
  1. 囲碁・将棋で、対局者のうち段位・力量の劣ったほう。⇔上手 (うわて) 
  1. 犬追物 (いぬおうもの) で、自分の馬の後に立つ射手。
  1. 下手に付く
    • 人よりも下の立場に身を置く。
      「婦人(おんな)はいつも―・いて」〈鏡花・化銀杏〉
  1. 下手に出る
    • 相手に対してへりくだった態度で接する。「こっちが―◦出ればいい気になって」
  1. したてだしなげ【下手出し投げ】
    • 相撲のきまり手の一。相手の前まわしを浅く下手に取り、反対側の足を大きく後方に引いて半身に開き、自分のあごで相手の首か肩を下に押しつけ、前方に投げ倒す。
  1. したてなげ【下手投げ】
    • 相撲のきまり手の一。差し手でまわしを取り、相手を引きつけて投げる技。
    • 野球で、アンダースローのこと。
  1. したてひねり【下手捻り】
    • 相撲のきまり手の一。まわしを取った下手で、引くようにしてひねり倒す技。上手投げとの合わせ技。
  1. したてまわし【下手回し】
    • 相撲で、下手で相手のまわしをつかむこと。また、そのまわし。
    • 帆船の運用法の一。逆風帆走の際に、帆と舵(かじ)の操作で船首を風下側に回し、風を受ける舷(げん)を変えて針路を変更すること。