• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ところ‐がわ〔‐がは〕【常呂川】 の意味

  1. 北海道北東部を流れる川。石狩山地の三国山(標高1541メートル)に源を発し、北見市でオホーツク海に注ぐ。長さ120キロ。上流は森林が豊富、中流域は北見盆地で農業地帯。河口からサロマ湖にのびる砂丘上に常呂遺跡がある。秋にはサケが遡上 (そじょう) する。