げんじものがたり【源氏物語】

  1. 平安中期の物語。54帖。紫式部作。長保3年(1001)以後の起筆とされるが、成立年未詳。巻名は、桐壺 (きりつぼ) 帚木 (ははきぎ) 空蝉 (うつせみ) 夕顔若紫末摘花 (すえつむはな) 紅葉賀 (もみじのが) 花宴 (はなのえん) 葵 (あおい) 賢木 (さかき) 花散里 (はなちるさと) 須磨明石澪標 (みおつくし) 蓬生 (よもぎう) 関屋絵合 (えあわせ) 松風薄雲朝顔 (あさがお) 少女 (おとめ) 玉鬘 (たまかずら) 初音胡蝶 (こちょう) 常夏 (とこなつ) 篝火 (かがりび) 野分 (のわき) 行幸 (みゆき) 藤袴 (ふじばかま) 真木柱梅枝 (うめがえ) 藤裏葉若菜上・若菜下・柏木横笛鈴虫夕霧御法 (みのり) 匂宮 (におうみや) 紅梅竹河橋姫椎本 (しいがもと) 総角 (あげまき) 早蕨 (さわらび) 宿木東屋 (あずまや) 浮舟蜻蛉 (かげろう) 手習夢浮橋。幻の次に雲隠があったとされるが、巻名のみで本文は伝わっていない。主人公光源氏の愛の遍歴と栄華を描き、やがて過去の罪の報いを知り苦悩の生涯を終える、幻までの前半と、匂宮・紅梅・竹河をつなぎとして、橋姫以下の、罪の子薫 (かおる) 大将を主人公にした暗い愛の世界を描いた宇治十帖とよばれる後半から成る。仏教的宿世 (すくせ) 観を基底に、平安貴族の憂愁が描かれて、後世の文芸に与えた影響も多大。源語。紫文。源氏。げんじのものがたり。
  1. げんじものがたりえまき【源氏物語絵巻】
  1. げんじものがたりおくいり【源氏物語奥入】
  1. げんじものがたりたまのおぐし【源氏物語玉の小櫛】
  1. げんじものがたりひょうしゃく【源氏物語評釈】
    • 源氏物語の注釈書。14巻13冊。萩原広道著。安政元年~文久元年(1854~61)刊。第8巻「花宴」までで中絶。旧説に検討を加え、独自の解釈を施したもの。