ノルウェー南部の港湾都市。北海油田の開発に伴い、1960年代より急速に発展。12世紀に建造されたノルマン風のスタバンゲル大聖堂があるほか、旧市街には18~19世紀頃の木造家屋が並ぶ古い町並みが残されている。