《「黒い山」の意》東欧、アドリア海東岸に臨む共和国。首都ポドゴリツァ。15世紀後半にオスマン帝国の支配を受けたが、王朝も存続。1878年独立。1918年、セルビアなどとともにユーゴスラビアを形成。のち共和国となりその一部となる。旧ユーゴスラビア崩壊後、セルビアとともに新ユーゴスラビア、セルビア‐モンテネグロを形成していたが、2006年に再独立。人口67万(2010)。ツルナゴーラ。

出典:gooニュース