ぶん‐か〔‐クワ〕【文化】

  1. 人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。カルチュア。「日本の―」「東西の―の交流」
  1. 1のうち、特に、哲学・芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産。物質的所産は文明とよび、文化と区別される。
  1. 世の中が開けて生活内容が高まること。文明開化。多く他の語の上に付いて、便利・モダン・新式などの意を表す。「―住宅」
  1. [用法]文化・[用法]文明――「文化」は民族や社会の風習・伝統・思考方法・価値観などの総称で、世代を通じて伝承されていくものを意味する。◇「文明」は人間の知恵が進み、技術が進歩して、生活が便利に快適になる面に重点がある。◇「文化」と「文明」の使い分けは、「文化」が各時代にわたって広範囲で、精神的所産を重視しているのに対し、「文明」は時代・地域とも限定され、経済・技術の進歩に重きを置くというのが一応の目安である。「中国文化」というと古代から現代までだが、「黄河文明」というと古代に黄河流域に発達した文化に限られる。「西洋文化」は古代から現代にいたるヨーロッパ文化をいうが、「西洋文明」は特に西洋近代の機械文明に限っていうことがある。◇「文化」のほうが広く使われ、「文化住宅」「文化生活」「文化包丁」などでは便利・新式の意となる。
  1. ぶんかいさん【文化遺産】
    • 前代から現代に伝わってきた、また、将来継承されるべき文化・文化財。
  1. ぶんかいさんこくさいきょうりょくすいしんほう【文化遺産国際協力推進法】
    • 《「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関する法律」の通称》海外の文化遺産を保護するための国際的な取り組みに日本が積極的に参加することを定めた法律。日本の知識・技術を活かして国際貢献を図ることが目的。平成18年(2006)施行。
  1. ぶんかえいが【文化映画】
    • 劇映画に対して、人々の知識や教養を高めるのを目的として作られた映画。教育映画・科学映画など。
  1. ぶんかかい【文化会】
  1. ぶんかかがく【文化科学】
    • (ドイツ)Kulturwissenschaftリッケルトの用語。事物の反復しない一回的個別性を超越的な価値に基づいて選択し記述する科学。対象の一般性を明らかにして法則を定立する自然科学に対していう。
  1. ぶんかがくえんだいがく【文化学園大学】
    • 東京都渋谷区に本部のある私立大学。大正12年(1923)に創立された文化学園を基盤として、昭和39年(1964)に文化女子大学として開学。平成23年(2011)現校名に改称。
  1. ぶんかかくめい【文化革命】
  1. ぶんかかち【文化価値】
    • ある物が文化財としてもっている価値。
    • (ドイツ)Kulturwertリッケルトらの用語。真・善・美・聖・幸福などのように先験的で普遍妥当的な価値。
  1. ぶんかくんしょう【文化勲章】
    • 学問・芸術など文化の向上・発展に多大な貢献をなした人に授与される勲章。昭和12年(1937)に制定。(たちばな)勾玉(まがたま)を配した形で、綬(じゅ)(リボン)は淡紫色。文化勲章の受章者は原則として文化功労者の中から選考される。
  1. ぶんかげいじゅつしんこうきほんほう【文化芸術振興基本法】
    • 文化・芸術の振興に関する基本的な理念・施策について定めた法律。平成13年(2001)制定。国・地方自治体は、文化芸術活動を行う者の自主性を十分に尊重しながら、文化芸術の振興に関する施策を実施する責務を有するとしている。
  1. ぶんかけん【文化圏】
    • 宗教・風俗・習慣などに一致あるいは類似した特徴をもつ地域。
  1. ぶんかこうろうしゃ【文化功労者】
    • 学問・芸術上の業績を通じて文化の向上・発展に大きく貢献したと政府が認めた者を顕彰する制度。終身年金が支給される。昭和26年(1951)に文化功労者年金法により創設された。毎年1回、選考審議会が選んだ中から文部科学大臣が決定する。→文化勲章
  1. ぶんかこっか【文化国家】
    • 警察国家法治国家などの理念に対して、文化の発展・向上を指導理念とする国家。19世紀中葉のドイツで成立した国家理念。
  1. ぶんかさい【文化祭】
    • 大学や高校・中学などで学生・生徒が主体となって、展示・講演・音楽・演劇などを催す行事。
  1. ぶんかざい【文化財】
    • 文化活動の結果として生み出されたもので、文化的価値を有するもの。
  1. ぶんかざいけんきゅうじょ【文化財研究所】
  1. ぶんかざいぶ【文化財部】
    • 文化財の保護・活用・調査・研究を行う文化庁の部門。昭和25年(1950)に文部省の外局として文化財保護委員会が設置され、昭和43年(1968)文化庁設置の際に改組されて文化財保護部と改称。さらに平成13年(2001)、現在の名称に改称。
  1. ぶんかざいふほうゆしゅつにゅうとうきんしじょうやく【文化財不法輸出入等禁止条約】
    • 《「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約」の通称》文化遺産の保護に関する国際条約の一。他の締約国の博物館等から盗まれた美術品や発掘品などの文化財の輸入禁止、原産国への返還・回復、自国文化財の輸出規制などを定めている。1970年にユネスコ総会で採択。日本は平成14年(2002)に批准。ユネスコ条約。
  1. ぶんかざいほごいいんかい【文化財保護委員会】
    • 昭和25年(1950)に文部省の外局として設置された、文化財の保護・活用・調査・研究を行った委員会。→文化財部
  1. ぶんかざいほごほう【文化財保護法】
    • 文化財の保護およびその活用を図り、国民の文化的向上に資することを目的とする法律。昭和25年(1950)施行。従来の国宝保存法・重要美術品等の保存に関する法律・史跡名勝天然記念物保存法などを統合。
  1. ぶんかし【文化史】
    • 学問・芸術・文学・思想・宗教・風俗・制度など、人間の文化的活動の所産について包括的に記述した歴史。政治史・経済史などと区別していう。
  1. ぶんかしせつ【文化使節】
    • 文化の交流や宣伝を目的として外国に派遣または外国から招聘する使節。学者・芸術家などが多い。
  1. ぶんかしゃかいがく【文化社会学】
    • 文化を対象とする社会学。第一次大戦後のドイツで形式社会学を批判しておこったもので、社会現象の内容としての文化を研究対象とする。
  1. ぶんかじゅうたく【文化住宅】
    • 応接室や玄関にドアをとり入れた和洋折衷の住宅。大正から昭和初年にかけて流行した。
    • 多く関西地方にある木造2階建ての棟割りアパートをいう俗称。
  1. ぶんかしゅぎ【文化主義】
    • 文化の向上・発達、文化価値の実現を人間生活の最高目的とする立場・主張。ドイツの新カント学派の影響を受けて、日本で大正時代に形成された主張。
  1. ぶんかじん【文化人】
    • 文化的教養を身につけている人。特に、学問や芸術に関係する職業の人。
  1. ぶんかしんぎかい【文化審議会】
    • 文部科学大臣および文化庁長官の諮問に応じて、国語や著作権、その他文化について調査・審議し、政府に建議する機関。文化財の指定と保護、文化功労者の選定などを行う。平成13年(2001)に国語審議会・著作権審議会・文化財保護審議会・文化功労者選考審査会を統合して成立。
  1. ぶんかじんるいがく【文化人類学】
    • 人類の社会・文化の側面を研究する学問。生活様式・言語・習慣・ものの考え方などを比較研究し、人類共通の法則性を見い出そうとするもの。
  1. ぶんかすいじゅん【文化水準】
    • 文化の程度。特に、ある地域・社会の文化の総体的なレベル。
  1. ぶんかせいかつ【文化生活】
    • 現代の新しい生活用品を利用して営まれる合理的な生活様式。
  1. ぶんかせいさく【文化政策】
    • 国や地方公共団体が、国民あるいは住民の生活の質的向上、社会の活性化、国内外への情報発信、持続的な経済発展などを目的として行う、芸術文化活動の支援・振興、文化財の保護・活用などに関する施策。
  1. ぶんかだいかくめい【文化大革命】
    • 1966~1969年に中華人民共和国で、大衆を動員して行われた政治闘争。毛沢東自身が主導し、直接紅衛兵を動員して、既成の一切の価値を変革すると唱したが、劉少奇を代表とする党・政府機関および学界の実権派からの奪権闘争でもあった。多くの知識人が投獄・殺害され、文闘は武闘に発展、一般にも多くの死者を出してその後の中国社会に深刻な傷を残した。1980年代以降「重大な歴史的誤り」として全面否定。正式名プロレタリア文化大革命。文革。
  1. ぶんかたようせいじょうやく【文化多様性条約】
    • 各国が固有の文化を保護育成する政策を取ることを認める条約。市場原理とは異なる文化的価値を認め、経済的価値との調整を求める。2005年ユネスコ総会で採択。
  1. ぶんかだんたい【文化団体】
    • 文化的活動を目的とする団体。広義には学会や宗教団体をも含む。
  1. ぶんかちょう【文化庁】
  1. ぶんかてき【文化的】
    • [形動]
    • 文化に関係のあるさま。「―な施設」
    • 近代文化の要求にあうさま。「健康で―な生活」
  1. ぶんかてきけいかん【文化的景観】
    • その地域の自然と人々の暮らしが交じり合うことでつくり上げられた景観。→重要文化的景観
    • [補説]文化財保護法では、「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」と定義されている。
  1. ぶんかてつがく【文化哲学】
    • (ドイツ)Kulturphilosophie文化科学の諸原理について考察する哲学。文化の本質や成立要因を明らかにするために、その構造や発展法則などを研究対象とする。新カント学派リッケルトらによって形成された。
  1. ぶんかとうそう【文化闘争】
    • (ドイツ)Kulturkampf》普仏戦争後、ドイツ帝国でビスマルクが行ったカトリック教徒抑圧政策。実質的にはカトリック政党である中央党に結集した反プロイセン勢力を弾圧しようとしたもの。
    • 階級闘争の一側面で、文化の諸問題をめぐって行われる闘争。
  1. ぶんかなべ【文化鍋】
    • 両手鍋の一。厚みがあり、重さのあるふたがついていて、飯を炊くのに向く。
  1. ぶんかのひ【文化の日】
    • 国民の祝日の一。11月3日。自由と平和を愛し、文化をすすめる日。新憲法公布の日、また、もとの明治節にあたる。文化勲章の授与などの行事が行われる。 秋》「一トしぐれありし―なりけり/万太郎」
  1. ぶんかほうそう【文化放送】
    • 大韓民国のテレビ・ラジオ兼営放送局。1961年にラジオ放送を、1966年にテレビ放送を開始。民間放送だが、政府系機関が株式を保有するため半官半民の経営となっている。ムンファ‐バンソン。MBC(Munhwa Broadcasting Corporation)。→韓国放送公社SBS
  1. ぶんかぼうちょう【文化包丁】
    • 一般的な家庭で使用しやすいよう、肉・魚・野菜などさまざまな食材が扱えるようにした包丁。万能包丁。
  1. ぶんかぼし【文化干し】
  1. ぶんかむら【文化村】
    • 洋風または和洋折衷の、しゃれた外観の住宅の建ち並んだ地域。また、文化人が多く集まって生活している地域。

「ぶん‐か〔‐クワ〕【文化】」の前の言葉

「ぶん‐か〔‐クワ〕【文化】」の後の言葉