• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天人。天女。あまつおとめ。

「われも数ある―、月の桂 (かつら) の身を分けて」〈謡・羽衣

年若い海女 (あま) 。

「藻塩焼きつつ―ありとは聞けど」〈・九三五〉