《「いろは」の一番目の意から》真っ先。一番目。「いの一番に会場に入る」

出典:青空文庫