あるとはいえないほど少ないこと。ほんのわずかしかないこと。「なけなしの金をはたく」

出典:青空文庫