• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Right Livelihood Award》スウェーデンの財団が年に1回、「現在直面している緊急の問題について現実的かつ優れた回答を示した者」に対して授与する国際的な賞。多く、環境保護や人権擁護、平和運動などで功績のあった人物・団体が受賞している。第1回は1980年。「もう一つのノーベル賞」ともよばれる。

[補説]日本では、1989年に生活クラブ事業連合生活協同組合連合会が、1997年に核化学者で反原発を唱えた高木仁三郎がそれぞれ受賞。