• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《鄭谷 (ていこく) が、斉己 (さいき) の詩の語句「数枝開く」の一字を改めて「一枝開く」としたので、斉己は庭に降りて鄭谷を拝したという、「唐詩紀事」に見える故事から》詩文などを指導してくれた師。