• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

勧められても三度は辞退し、三度は譲る心がけをいう。例えば、訪問先で上座を勧められたときや、手伝いの申し出があったときなどのたしなみ。

[補説]あくまでも目安。三度は行き過ぎで、二度でよいとする説もある。