《「がんぎょう」の音変化》垂木を支える桁 (けた) で、最も軒先近くにあるもの。奈良時代には断面が円形の材が用いられた。