• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《上代は「しのふくさ」》昔を懐かしむ種 (たね) 。思い出のよすが。のちに「忍ぶ草」と混用した。

「―はらへてましを行く水にみそぎてましを」〈・九四八〉