• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「つとめご」とも》親方持ちで、色を売る歌舞伎若衆。独立して営業する歌舞伎子 (かぶきこ) に対していう。

「一度に肌着も十の数をこしらゆる事、今の世の―のせぬ事なり」〈浮・男色大鑑・八〉