• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

女子が、新年に幸福を多く取り入れるようにと上下を縫い合わせて作る祝いの袋。春袋 (はるぶくろ) 。天地 (てんち) 袋。

「―の数し多かれば」〈一条大納言家歌合〉