• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「そわづたい」》険しい山道を伝って行くこと。また、道が険しいがけに沿っていること。「―に行く」「―の難路」