1. ㋐《「ございます」の略》「ある」の意の丁寧語。多く口上などで用いられた。

      「田舎者で―、冷え物で―」〈滑・浮世風呂・前〉

    2. ㋑《「ございますか」の略》「あるか」の意の丁寧語。

      「菜漬け、奈良漬け、南蛮漬け、菜漬けはよう―」〈滑・浮世風呂・前〉

  1. 《「ござる」の命令形「ござれ」の音変化》「来い」の意の尊敬語。いらっしゃい。

    1. 「かかあどのちょっと―と間 (あひ) をさせ」〈柳多留・八〉

[補説]近世江戸語。音変化して「ござえ」「ごせえ」ともなる。

出典:青空文庫