• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

身分の高い人、また目上の人が死ぬこと。「お隠れになる」「お隠れあそばす」

「お父さんも―の時まで、梅二郎さんの事ばかりを気に掛けて」〈鉄腸雪中梅