[名](スル)
  1. 奥深い道徳や真理などを感じ悟ること。「自然の摂理を感得する」

  1. 信心が神仏に通じて、宿願がかなえられること。

  1. 思いがけなく手に入れること。

    1. 「為朝鵜丸の剣を―し給ひし事」〈読・弓張月・残〉