• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ちょうどその時。折しも。副詞的にも用いる。「―の豪雨をついて出発」「―聞こえる祭り囃子 (ばやし) 」

  1. (接続助詞的に用いる)…の時なので。…の時節だから。「天候不順の―」

  1. その物事にふさわしい折。ちょうどよい折。

    1. 「はかないことも、所柄―なりけり」〈紫式部日記