[名](スル)《「さっぷ(撒布)」の慣用読み》
  1. まきちらすこと。「農薬を空から―する」

  1. ちらばって存在すること。

    1. 「海岸に―せる…古き石より集めたり」〈中村訳・西国立志編

出典:gooニュース

出典:青空文庫