江戸時代の俗曲の一。念仏に節をつけて歌ったもので、のちに説経節などの文句を取り、鉦 (かね) にあわせて歌う門付け芸となった。元禄年間(1688~1704)に流行。うたねぶつ。