[名](スル)たかをくくって気を許し、注意を怠ること。「油断なく目を配る」「油断してしくじる」
[補説]「北本涅槃経」二二の「王、一臣に勅す、一油鉢を持ち、由中を経て過ぎよ、傾覆することなかれ、もし一滴を棄せば、まさに汝の命を断つべし」からという。一説に「ゆた(寛)に」の音変化とも。

出典:gooニュース

出典:青空文庫