• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 着物の裏地で浅葱色のもの。また、その裏地をつけた着物。

  1. 《多く浅葱裏の着物を着たところから》遊里で、江戸勤番に出てきたやぼな田舎武士をあざけっていう語。

    1. 「まだ出来ぬ顔へしかける―」〈柳多留・八〉