• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清楽 (しんがく) を伴奏とし、清国人の扮装でおどる踊り。長崎で起こり、化政期(1804~1830)に江戸・大坂で大流行した。明治時代の法界節はこの流れ。名称は「かんかんのう云々 (うんぬん) 」の歌詞による。唐人踊り。看看兮 (かんかんのう) 。