[名・形動]言動などが並はずれて激しいこと。また、そのさま。
  • 「―の言を弄して自ら欺き」〈独歩・運命〉

出典:青空文庫