• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

きざし。ぜんちょう。特に、吉事のしるし。

「夢 (いめ) の―に因りて、立ちて皇太子 (ひつぎのみこ) と為りたまふ」〈垂仁紀〉