• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 板や竹をすのこ状に並べて床を張ること。また、その床。

    1. 「山がつの―の床の下さえて冬来にけりと知らせ顔なる」〈夫木・三一〉

  1. 魚をとるための、竹を組んで作った簀。

    1. 「ささきつき―さぼせり春ごとにえりさす民のしわざならしも」〈曽丹集