[名・形動]経験を積んで物事をするのに巧みで抜け目のないこと。また、そのさま。「老巧な(の)やり口」

出典:青空文庫