天井の回り縁 (ぶち) と内法 (うちのり) 長押との間に取り付けた長押。この長押上方の壁を蟻壁という。