• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 衣を重ねて掛けて共寝をした男女が、翌朝別れるときそれぞれ身につける、その衣。

    1. 「しののめのほがらほがらと明けゆけばおのが―なるぞ悲しき」〈古今・恋三〉

  1. 男女が共寝をして過ごした翌朝。また、その朝の別れ。

    1. 「―になるとも聞かぬ鳥だにも明けゆくほどぞ声も惜しまぬ」〈新勅撰・恋三〉

  1. 男女、夫婦の離別。

    1. 「此の如くに、―になるとても、互ひに飽き飽かれぬ仲ぢゃほどに」〈狂言記・箕被〉

  1. 物が離れ離れになること。

    1. 「首と胴との―」〈浮・伝来記・三〉