最も肝心な所。考えなどをつきつめた所。

「静かに、模様変りて、―のある能をすべし」〈花伝・三〉

出典:青空文庫