• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

赤色の烏帽子。烏帽子はふつう黒塗りであるところから、変わったものを好むことのたとえ。「亭主の好きな赤烏帽子」