[名・形動]

    1. ㋐すきとおって向こうがよく見えること。また、そのさま。「―なガラス」

    2. ㋑すきとおって、にごりのないこと。また、そのさま。「―な音」「―な空」

  1. 物体が光をよく通すこと。光が物質中を通過するとき、吸収される度合いが小さいこと。

[派生]とうめいさ[名]

出典:gooニュース