• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 骨に刻んで忘れないこと。

    1. 「師が曩日の言は銘肝―未だ之れを忘れざるなり」〈菊亭香水・世路日記〉

  1. 骨を刻むような苦労・苦心をすること。ろうこつ。「彫心鏤骨」