• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. にわとりの卵。

    1. 「天地の始めを説て、渾沌 (こんとん) たる事―の如しというてある」〈加藤祐一・文明開化〉

  1. にわとりのひな。ひよこ。