• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鹿 (しか) の角。また、特に、鹿の角を材料とするところから、ばくち用のさいころ。「鹿の角を揉 (も) む」の形で、ばくちに興じる意に用いる。

「この間は―を揉み損なうて、太郎冠者まで取られてござる」〈虎明狂・縄綯