出典:デジタル大辞泉(小学館)

冶金 (やきん) 法の一。粗銅の中に含まれている銀をとるために、粗銅に鉛を加えて熱し、融点の低い鉛とともに銀を流出させる方法。