• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
《原題、(デンマーク)Keiserens nye Klaederアンデルセンが1837年に発表した童話。原題は「皇帝の新衣装」の意。衣装にうつつをぬかす王が仕立屋を装った詐欺師 (さぎし) にだまされ、下着姿で町を練り歩く。
開高健の短編小説。昭和32年(1957)発表。同年、第38回芥川賞受賞。
高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人のたとえ。

出典:gooニュース