• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。


[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成12年度調査平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる)
47.2パーセント45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない)
48.7パーセント45.7パーセント