[名]
  1. 囲碁で、1局を打ちおえること。終局。

  1. いろいろの経過を経て落ち着いた最後。結末。

    1. 「話は随分長かったが、要するに覚束 (おぼつか) ない―に陥ったのである」〈左千夫・春の潮〉

[副]いろいろなことがあったうえで、最後に落ち着くさまを表す。最終的には。つまるところ。結句。「あれこれやってみたが、結局だめだった」「二人は結局元のさやにおさまった」

[生活/その他]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫