出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]ずうずうしくて恥を恥とも思わないこと。また、そのさま。
  • 「あんなずうずうしい―な耶蘇なんだもの」〈魯庵・くれの廿八日〉